「変えられること」と「変えられないこと」の整理。


エンターテインメント企業 V社

社員の柔軟なアイデアが、斬新で付加価値の高い商品の開発と、会社そのものを変革させる「原動力」というV社。

その原動力の源にある“やる気”というエンジンに注目し、
セルフモチベーションコントロール研修(ガリレオ)を導入した理由を
人材戦略室 人材戦略チームのW氏にお伺い致しました。


どのような理由から、入社1年目の社員にガリレオ研修を導入することになったのですか?

弊社では、若手社員、特に新入社員こそが会社を変える起爆剤と考えています。
元気であることが募集段階でも重要な選考要素の1つとして盛り込まれており、活発で行動力のある新人を採用しています。

しかし入社後、数ヶ月経った頃から全体的に新入社当時の元気、勢いが感じられなくなり始めました。
ヒアリングしてみると、元気を発散するために行った行動と、仕事内容や組織といった現実のギャップに悩み、
それを自分自身の責任と感じているようでした。

起爆剤として期待している彼らが、自分自身の行動や立場に悩みを持ち始めるというのは、
重大な会社全体の課題であると考え、セルフモチベーションコントロール研修を導入しました。


具体的には、どのような悩みを持っていたのですか?

新入社員は、入社後1年間は仮配属というかたちで各部門の様々な仕事に携わります。

例えば市場開発という仕事では、「何故売れるのか」「何故売れないのか」、
または消費者の方がどのような視点で商品を見るのか、小売店様ではどのようなニーズがあるのか等、
現場の声をくみ取り、商品開発に活かす業務を行います。

そのような様々な仕事の中で、考えて解決できることよりも、
悩んでもどうにもならないことに囚われて、萎縮しているように思われました。

数年間、社会人の経験がある方から見ると、「そんなに悩むべきことではない」と整理がつくのですが、
その切り分けが出来ないことにも苛立ちがあったようです。

また、そもそも会社で何をやりたいのか、それはどの部署で行いたいのかというキャリアロードを考える上でも、
同質の悩みを持っており、彼らのプレッシャーになっているようでした。


ガリレオ研修を受講された方には、どのような変化がありましたか?

研修のポイントになると思いますが、「変えられること」と「変えられないこと」の整理ができたようです。
つまり、悩んでも自分で解決できなことよりも、自分の力で解決できることに注力するということ。
この意識の変化が“やる気”となり、積極的な行動へと繋がっています。

また、個別の悩み相談だけですと、その悩みだけの解決にしかならないのですが、
ガリレオ研修の場合は、悩みを解決する「手法」を学ぶものでしたから、
汎用性があり、様々なシーンで止まっていた気持ちを、解決の行動に移すことができているようです。


研修後のアンケートで好評だったプログラム内容はありましたか?

プログラム内の各プロセスが、非常に連動していて、終わってみると、非常に効果があると実感しました。

アンケートからも、各個人がエデュテインメントという体感型でゲーム性の高いプログラムを通して、
その学ぶべき本質を理解できたことがよく分かりました。

特に、プログラムの最終段階にある相互カウンセリングは好評でしたね。
悩みをグチに出したいであろう彼らに、逆の立場でカウンセリングさせることで、視点が変わったようです。

入社後は、各人とも別の事業部に仮配属されているので、お互いが「何を悩んでいるのか」を本当の意味で共有していませんでした。
それをシェアし、別の立場でアドバイスすることで、自分自身の悩みを解決する糸口が見えてきたとアンケートにもありました。

今後の彼らの活躍が楽しみですね。

関連コンテンツ一覧