成長の方向性を示せないのですが、どうすれば良いですか?

Q. 成長の方向性を示せないのですが、どうすれば良いですか?

メンバーとの面談で、これまでの振り返りと今後の方向性を策定する際、
これまでの行動についてフィードバックをすることはできるのですが、今後の成長の方向性を示すことが難しいです。
どうすれば、正しい成長の方向性を示すことができるのでしょうか。

A. コンサルタントの回答

メンバーのビジョンを描くためには、
メンバー自身の「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」を明確にし、
それらを満たしたビジョンを策定することが必要です。

まず、メンバー自身の思考特性や物事の判断基準などを理解して「やりたいこと」を描き、
メンバーのスキルを正しく把握することによって「やれること」を知り、
会社の成長の方向性を理解した上で、それを実現するためにメンバーに求める期待を
明らかにすることによって「やるべきこと」を示す必要があります。

これら3つを満たすビジョンを策定することができれば、
自ずと正しい成長の方向性を示すことができるようになるのではないでしょうか。

関連コンテンツ一覧