ビジネス適性テスト「BRIDGE」

「BRIDGE」は、世界中の多様な人材を共通の基準で測定できるビジネス適性テストです。
人材診断フレームを基に、「①ポータブルスキル、②モチベーションタイプ、③ポテンシャル」
を診断します。ビジネス能力が高い人材を見極め、企業の組織風土との共感度を測定し、企業と個人の「相思相愛」を実現します。

①ポータブルスキル:業界や職種によらず、どのような仕事にも適用できる基本スキル。
経済産業省が提唱する「社会人基礎力(※)」に相当する。
弊社代表取締役小笹芳央が経済産業省の「社会人力に関する研究会」委員としてプロジェクトに参画。
②モチベーションタイプ:個人が働く上での、組織・行動・仕事に対する価値基準や欲求。
③ポテンシャル:ビジネスパーソンとして活躍するための潜在的能力。

サービスの特徴
ビジネスに必要な「ポテンシャル」を測定
ビジネスポテンシャルとは、「合理力」と「情理力」で構成されます。
「合理力」は、スムーズに業務を遂行していくために求められる「論理的思考力」を指し、
また「情理力」は、ビジネスコミュニケーションを 円滑に行うために求められる「空気(人の感情や状況)を読む力」を指しています。

日本企業に必要な「職種適性」を判定
業務の複雑化が進み、従来の職種分類では適切なマッチングが困難です。
BRIDGEでは、活用可能性の高い8つの職種適性に分類することで適切なマッチングを行います。

■シリーズ商品ラインナップ■
BRIDGE―AP (ポータブルスキル・モチベーションタイプ・ポテンシャル)
BRIDGE―P(モチベーションタイプ・ポータブルスキル)
■実施方式■
WEB/マークシート
■設問数・時間■
ポータブルスキル・モチベーションタイプ 164問・30分
ポテンシャル 28問・40分

関連コンテンツ一覧