• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 当社および㈱クラウドワークス、㈱ユーザベース、ラクスル㈱など 3,840社90万人の社員インタビューから導き出された 「組織状態」を示す非財務指標を投資家に公表

当社および㈱クラウドワークス、㈱ユーザベース、ラクスル㈱など 3,840社90万人の社員インタビューから導き出された 「組織状態」を示す非財務指標を投資家に公表

株式会社リンクアンドモチベーション(東証一部2170、以下当社)は、この度、下記の賛同企業の皆様とともに、自社のIR資料において、「組織状態」を示す相対比較可能な非財務指標として、「エンゲージメント・レーティング」を公表することをお知らせ致します。「エンゲージメント・レーティング」とは、当社が開発した、企業と従業員のエンゲージメント(相互理解・相思相愛度合い)を測る指数「エンゲージメントスコア」を基にした格付けランクです。この指標は、当社の研究機関と、慶應義塾大学ビジネス・スクールの共同研究から、企業の収益力(稼ぐ力)との相関が明らかになっており、持続的な企業価値向上を促す指標といえます。

我々は、人材や組織力といった無形資産が企業価値の源泉となる現代において、「エンゲージメント・レーティング」を世の中へ浸透させることで、資本市場における適切な情報提供を実現してまいります。

続きを読む

 

 

最近のお知らせお知らせ一覧